1

2

3

4

5

6
以下文字バレ

■遂に対峙!!


ジョア「三虎ぁ!!! どうやって缶詰から…」

スター「三虎様(ボス)!!」


三虎「やぁアカシア…ずいぶん風貌が変わったじゃないか…」

「まるで珍獣だな…」

アカシア「何百年ぶりだ三虎…」

「お前はだいぶでかくなったな…言動(くち)が…」


しばしにらみ合う2人。
そんな2人を中心に風が吹き荒れていく。

円を描くように吹き荒れる風はあっというまに、超巨大なエンペラーリングへ。



■暴風が告げる死闘の始まり!!


アカシア「また誰かにイジメられて助けてほしいのかと思ったら…フフ」

「このエンペラーリングが胸中を現しているぞ三虎」

「私と闘るか…」


三虎「……一龍は…死ぬ間際に言い放った…」

「真に倒すべき 相手がいると…」

「フローゼが当時GODの調理に 体力を使い切り命尽きたのはアカシア…」

「お前の算段だったのか?」


アカシア「……はァ?」

「フローゼは回復する予定だったんだ…」

「最後にバカな体力を使わせたのはお前だろう三虎」


三虎「そもそもフローゼたった一人に…無理やりGODの調理を強いたのはお前だ…」

「その後私が療水を汲みに行ったのも…」

「傷を負った私を助ける為フローゼが力を使い果たしたのも」

「すべてお前のプラン通りだったんじゃないのか?」


アカシア「……何を言ってる…?」


三虎「フローゼ程の料理人が自分の残された体力を見誤るか?」

「フローゼはお前の野望を止めようと…自ら命を絶ったんじゃないのか?」

「『最果ての地』へ向かおうとするお前に賛同しなかったフローゼを…お前が殺したんだアカシア…」

「自分に都合のいい料理人の魂を呼び寄せ 生まれ変わらせるために…」


アカシア「……」

「それも…一龍から聞いたのか? ずいぶん仲のいい兄弟だな…」

「実際は…少し違う」

「実はフローゼは当時私との子を身ごもっていた…」

「その状態でGODの調理をこなしていたんだ…」

「最期は腹の子にすべての体力を奪われたのだろう…フローゼは死んだが腹の子は…」

「土の中で産まれ成長した…お前が懸命に汲んできた療水のお陰でな 三虎…」


冷や汗を浮かべるジョア「…………」

「アカシア……」

「違う……」

「違う…」

「違うぞアカシア… 私は…」



三虎(てめぇは黙ってろ)

ジョア「!!」



三虎が睨むと、恐怖で体が固まり動けなくなるジョア。


ジョア(な…… か…)

(体が… 勝手に…)


そんなジョアを見やるアカシア「………」


三虎「見ろ…フローゼは死ぬ前にフルコースを食べている」

「フローゼがスープ『ペア』を食べて性転換した存在が…ジョアだ…」

「つまりジョアは“フローゼ自身”の生まれ変わり…」

「腹の子が成長した姿ではない…」


アカシア「……そうか…」

「つまり子供は……ダメだった訳か……」

「だが…」

「だから何だ?」


「私にとってはどっちでもいい話だ…!!」

「私はただ“料理人”を欲しただけ!!」

「広い宇宙に広がるあらゆる『別腹』を発動させるためには」

「食材に対する正しい調理が必要だとわかったからな…!!」

「フローゼの持つ“食運”がそれを可能にしてくれる!!」

「“食運”を引き継いでさえいれば…料理人など誰だっていいんだよ…!!」


その言葉に、三虎が冷静に怒気を放ち始める。


アカシア「ちなみに…フローゼは私に賛同しなかったかもしれんが…」

「誤解のないようこれだけは言っておこう…」

「私にとってフローゼは決して」

「都合の悪い料理人ではなかったぞ」

「いつもキスマークをつけて帰って来る私を…」

「最高の料理でもてなしてくれるいい料理人(おんな)だったよ」


にたぁあ~~と ゲスい笑顔を浮かべるアカシア。

その言葉についに三虎がキレる。



三虎「真意は訊かぬ…」

「話は終わりだ…」

「死ねアカシア」


メテオバースト!!!


至近距離でバーストを浴び、宇宙まで飛んでいくアカシア。


アカシア「………」

「だりぁ!!!」


上空でバーストを弾くと、そのまま地上へ向かって腕を構える。


アカシア「親に手を上げるとは…」

「美食の仕置き(グルメスパンク)!!!」


食運(グルメラック)――――!!!


なぜかアカシアの攻撃が逸れてしまう。
地球に攻撃が命中し、巨大な手形が。




地上へと戻ったアカシアにすぐさま三虎が襲い掛かる。

「ハングリーブロー!!!!」

というか普通のパンチ。

でも血反吐を吐くアカシア「ごふあ」


グルメ細胞の姿になったジョアも参戦。

ジョア「三虎ぁア!!!」

「空切り!!!」


しかしまたしても食運で攻撃が逸れてしまう。


ジョア「……!?」

(斬撃が逸れた?)


三虎「そういやお前に…」

「言いそびれていたなジョア…」

「私のフルコースを…」



「おい」

「おい!」

ブランチ「おい大丈夫か鉄平!!」

「療水持って来たでホラしっかりせい!!」

「死ぬなや…!!」

鉄平「う…………」


ペア「おいそこの再生屋…」

ブランチ「!」

ペア「オレのノッキングを解け…」

「お前らに手を貸してやる…!!」


■三虎のフルコースとは!? そしてペアの提案の真意は1…!?






1
 2
 3
4
 5
 6
7
 8
 9
10
 11
 12

名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ジョア退場にネオトマト一つ賭ける 
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
フローゼが衰弱してたのは身籠ってたからって考察は当時からちらほら見かけたがまさか本当になるとは
やっぱりトリスタの親は風呂垢か
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ペアは次はトリコらに手を貸すのか
グルメ貴族() 
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
グルメスパンクの破壊規模やばいだろ
当たった場所はほとんど海だけど面積にしたら大陸一つ潰れてる
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
グルメをつけるだけでそれらしくなる法則
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
美食神ゲスすぎ 
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ジョアが違う違う言ってるのは何だ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
自分はアカシアとフローゼの子ではないとかでも言おうとしただけだろ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
アカシアは今の今までジョアのことを自分とフローゼの子だと勘違いしてたってことは
死んだフローゼの体にジョアの魂を呼び寄せたのはアカシアじゃないってことになるよな

ジョアって一体何なんだ?
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
なんで死んだ後にペアの効果で性転換して生き返るってのがイマイチわからん
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
毎度毎度相手の力量を見誤るアカシアさん
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
なんで三虎まともに戦えてるんだ…
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
GOD、センターを除くフルコース+マイノリティワールド+食運

最強だろ 
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
いまさらペアのノッキング解除してなにするつもりだよ
アカシアとネオを分離させるほどの裏技を教えるつもりか?
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
えっ
アカシアってジョアのことをフローゼとの子供だと思ってたの
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
リョウスイで成長したのがトリコとスターか
時系列的に怪しいが裏のチャンネルで帳尻あわすんだな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
療水かけ続けてフローゼの肉体だけ復活
その後ジョアが性転換して這い出てくる
との間に誰かが魂呼び寄せてペア飲ませたんか?

てかトリコとスターはいつ出産?
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
腹の子は駄目だったって言ってるが、トリコとスターが子供じゃないの? 
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
三虎でやべえな 
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
アカシアがジョアのこと勘違いしてるのは何かありそうだな
誰かに記憶を改ざんされたか消されたか
消えたアナザの切り身の伏線もあるし
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
アカシア様と言われてた本来は善人の人格がいるとかありそう
本当の魂はフローゼと一緒にいる
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
それはない
アカシアは食欲目覚めてあんな性格になった
人間界で崇められてるのは嘘800のアカシア
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
値段が名前負けしてなくて嬉しい
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
やっぱ愛丸がクサい
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
食運強すぎだろ
マイノリティワールドもあるしコピー能力もある
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ペアはなにを企んでるのかな
まぁネオさえ封印できればそれでいいし
アカシアからネオを引き剥がす秘策だろうな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
もうジョアは通用しないみたいだしスターとトリコと一応ペアも控えてるしアカシア大ピンチ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
まあ白鬼と一龍ひかえてる時点で、アカシアがさらに強くなって三虎負けちゃうんだろうな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
まあ真の敵を倒すのはもうワシらじゃないって一龍が言ってたから
最後に倒すのは子であるトリコ&スタージュンだろうけど三虎には頑張ってほしいね


1
 3
 5
4
 6
 7
8
 9
 10
12
 11
 2
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加