11

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

12

扉絵リクエスト
「レベッカとトンタッタ族がキュロスの誕生日を祝っているところ」


号泣のキュロスと、窓の外からこっそりのぞいているリク王。



【“鏡の世界(ミロワールド)”ブリュレの家】


■キャロット大ピンチ!!?


吊るされているキャロット「チョニキ〜〜〜!!」

「助けて〜〜〜熱いよ〜!!!」


ブリュレ「ガタガタ騒ぐんじゃないよ!!! 小娘っ!!」


グツグツと煮込まれた大鍋の上に吊るされるキャロット。


キャロット「え〜〜ん 食べないでよー!!」

ワニ「人間は食わないけど ミンク族はギリギリ食ってみる」


チョッパー「キャロットを離せブリュレ!!!」

「本物のウサギじゃないんだから!! マズイに決まってるだろ!!」

ワニ「え…そうかな(汗)」

「じゃあ やっぱりやめようかな」


ブリュレ「黙っておいで珍トナカイ!! お前はママの珍獣コレクションに入るんだ!!」

縛られているチョッパー「…………!!」

(……よし…!! 何とか…!!)

(この状況までこぎつけた…!!)

(『ヘビーポイント』で縛られたから 変身すればこの鎖は一瞬で抜け出せる…!!)


(昨日使ってから6時間経過してるから『モンスターポイント』ももう使える!!)



キャロット「迷惑かけた〜〜ペドロに起こられる〜」


お鍋「おいし〜スープができたらドボン♪だ」


チョッパー(チャンスだ!!)


【ホールケーキアイランド】

【首都 スイートシティ】


【ホールケーキ城 ——図書室——】


ビッグマム「“本”の中には無限の世界が広がるものさ…」

パラパラと本をめくり、イチジたちに見せるビッグマム。


「ホラこれは世にも珍しき人の顏を持つ人食いライオン…」

「『マンティコラ』」2年前の“黒ひげ襲撃事件”の時に」

「『インペルダウン』から逃げ出した珍獣だ」




「フンドシフンドシ」と本の中で動くマンティコラ。


イチジ「……」


ビッグマム「こっちは自慢の一頭!」

「『ユニコーン』!!美しいだろ?」




レイジュ「おしい……でも 本の中で生きてる……!!」


ビッグマム「『本』の中にいる者達は永遠に歳をとらねェ」

「当然だよね 開く度中身が変わるなんてある筈がない…!!」

「この図書館の本には世界中の珍しい生物達が封印されてんだ!!」

「我が子 モンドールの能力だよ」

ヨンジ「スゲェ!!!」


だが図書館には「ガルルルル…」という唸り声だけでなく、「助けてー…」という人の声も響く。


ジャッジ「…………」


ビッグマム「最近じゃパンクハザードのケンタウロスに」

『出してくれー』


ヨンジ「……」

「“南の海(サウスブルー)”で見つけたグリフォン」

『クアー!!』



ビッグマム「こんなのもいる…!! 手長族と足長族の混血 “手足長人間”…!!」

レイジュ「……」

『助けてくれー!!』

ニジ「人間まで…!!」


ジャッジ「ビッグ・マム──この国に入った時から実に多種多様な種族を目にした…」

ビッグマム「そりゃそうさ!! それこそが“万国(トットランド)”の目指す…」


ジャッジ「──しかしどうにも見かけない種族がいて気になっていた…いれば目立つ筈だが…」

「“巨人族”だ…!!」


ビッグマム「!!!」ピクッ

「…………」

上機嫌なビッグマムが一転、ジャッジを睨みつける。



ジャッジ「全種族の住む国と謳われている割には……一人も見かけていない…」

「大きめの人間くらいしかな…」


ビッグマム「ふん…そうかい? 偶然見かけなかったんだねぇ…」


「ママ!!」と慌てて入ってくる兵士。

ビッグマム「!?」


兵士「マ…マママ……!!」

「例のふた…ふた2人をれれ…連連連行しましまっ!!」



ビッグマム「……じゃあ悪いが…今日は多忙で」

「あいにくの天気だが…よい午後をねェ…!!」



去り際、緊張してる様子の兵士に声をかけるビッグマム。

「──どうした」

兵士「い…いや…緊張して…」

「本物の 『ジェルマ66(ダブルシックス)』」

「特にイチジ様とレイジュ様の裏切らねェクールさに……♡」


ビッグマム「おだまり……!!」

「バカだね 絵物語に感化されやがって…」

「──必要なのは表面(うわべ)じゃねェ…!!」



【ホールケーキ城内——『囚人図書室』】


2mほどもある本の前にはボビン、アマンドにペロスペロー、そしてオペラたちの姿。


モンドール「ああ閉じちまった」

「えーと何ページに入れた?」

ガレット「55ページ」


ペロスペロー「ほう!! こいつらか いい顔構えだ」

「ペロリン♪」


牢屋のようなページに、繋がれたルフィとナミの姿。



モンドール「いた」


ナミ「何なのこの部屋!! 出してよ!! シャワールームは!?」

「水あめで全身ベタベタなの!!」


【S(シャーロット)家 長男 ペロスペロー】

ペロスペロー「くくく!! それは甘そう♪キャンディーちゃん」

ナミ「!!」


ペロスペロー「ママ登場だ」

ルフィ「!」

「あァ!?」


ビッグマム仕様の電伝虫がルフィの前に置かれる。




ビッグマム『久しぶりだね“麦わらのルフィ”…!!』

『とうとうここまで来たかい…』

ルフィ「ビッグマムか!!?」

ナミ「電伝虫……!?」

ルフィ「こっから出せ!!! おれは戻らなきゃならねェんだ!!!」

「全部ブッ壊してでも出て行くぞ!!!」


ビッグマム『ママママ…おーおーまだその意気はあったのかい』

『一味全員で来てくれねェから 魚人島での約束を忘れちまったのかと思ったよ』


ルフィ「……ああいつかブッ飛ばしてやるよ!!」

「だけど今は!! ただサンジを連れ戻しに来たんだ!!!」


「戦いが望みなら出て来いよビッグ・マム!!!」

「今ここで勝負してやる!!!」




ビッグマム『……………ハハハ』

『調子にのるな つい最近“新世界”入りしたばかりのルーキーが…』


モンドール「…」

オペラ「ハハハ」


ビッグマム『おれに謁見しようなぞおこがましい…!! お前を殺すのにおれが出ていく必要もない』

『サンジの事をきれいに諦めれば殺さずに帰してやる』

『サンジとプリンの結婚式はおれにとって特別な意味を持つ……!!!』


ルフィ「………!!」


ビッグマム『──ひとまず全てが無事終わるまで そこで大人しくしてな……』

『おれの楽しみを奪ったら…』

「──それは本当に…」

「ただじゃおかねェ!!!」ドン!!


『──お前覚えてるかい? 魚人島で』


ルフィ「………!!」


ビッグマム『おれに納める筈のお菓子を食っちまったお前は……』

『ネプチューン王から貰った宝を全部おれにくれたのを』


ルフィ『これ全部やるよ!! お菓子の弁償する』というルフィの描写。


ビッグマム『ママママ…そこに何が入ってたと思う?』

『ハ〜ハハハ返せなんて言うなよ?』


『魚人島に代々伝わる“伝説の宝箱”』

『「玉手箱」だよ!!!』

『ネプチューンはどうしてアレを手離したのか』

『まさに“国宝”ってやつだ…!! 一体何が入ってるのか!!』


『おれは『宝箱』が大好きでね……』

『だからあのお菓子の件はもういいよ……アレも明日のお茶会で皆の前で開けるのさ〜〜!!!』

『楽しみだ!!」


ルフィ「楽しくなんかなるか…!!」

「サンジは結婚なんかしねェ!!!」


ビッグマム『……』


ルフィ「——!!」

「そうだ プリンに会わせろ!! 話をさせろ!! あいつ友達なんだ!!」

ナミ「ルフィ!! プリンの事は…」


ビッグマム『……友達? ハハハ…』

『バカ言え 花嫁がなぜお前と友達になる』


『──時に娘……』

ナミ「!」

ビッグマム『そういやお前……ローラを殺したって?」

ナミ「!!」

「何言ってんの!? ローラは友達よ!!」

「“命の紙(ビブルカード)”は友情の証に貰ったの!!!」


『いつか何かに困ったらこれを辿ってママに会うといいわ!その時は私も元気でやってたって伝えてね』


ナミ「『ローラは元気でやってた』これが伝言!! 伝えたわよ」

「母親も海賊だとは聞いてたけど…まさか『四皇ビッグ・マム』だとは思わなかった」

「『命の紙(ビブルカード)を見せれば…きっと助けてくれるってローラは……」


ビッグマム『フザけんじゃねェよォ〜〜〜〜〜!!!!』

ナミ「!!?」


ビッグマム『元気でなくて結構だよ!!! 死ねよ!!!』

ナミ「え!? …!!」




ビッグマム『居場所を知ってんなら教えな!!』

『すぐに殺し屋を送り込み消してやる!! ──まだ親子のつもりでいる事に驚いたよ!!』

『親の心子知らずとはこういう事だろ…!!!』

『あいつは過去最大の政略結婚を蹴って逃げた“背徳(バカ)娘”だ!!!」


ナミ「え…」


ビッグマム『おれァ 許さねェ!!!』


【回想】

ローラとの思い出が蘇る。


「私を嫁にあげる!!」

「特にあんた!! 結婚しない!?」

「アブサロムは私が婿に貰うのよ〜〜〜!!!」


ナミ「すごくお似合いっよ 私 応援したいと思ってたの!!!」

ローラ「えェ!? ホント!?」


ローラ「助けに来たのよ!!マイフレンド!!」

ナミ「ローラ!」


アブサロムの攻撃を受けるローラ。

ナミ「ローラ!!!」


そして元の姿に戻ったローラ。

ナミ「ローラ!! また会えて嬉しい!!」


「特別よ? ナミゾウと私は 姉妹(きょうだい)分だからね」


【回想終わり】


ナミ「………ローラ…」


ビッグマム『もしも……!! あの時!! あいつさえ黙って結婚してりゃ…!!』

『得られた力は強大だった…!!!』


「おれはとっくに!! “カイドウ”も“赤髪”も!! “白ひげ”さえもブッ潰して!!! 今頃は…!!!」



「『海賊王』に!!!」

『なってたんだァ〜!!!』


嵐がさらに勢いを増していく。


ナミ「…………!!」


ビッグマム『ローラの友達…“泥棒猫ナミ”』

『吐いて貰うよ“あいつの居場所”』

ナミ「!!」


ルフィ「つまらねェ話だなビッグ・マム」

ビッグマム『!?』


ルフィ「結婚“しなかったのが”ローラだろ……!!」

「『海賊王』に“なってねェのが”…お前だろ!!!」


「──もう一度ケンカ売ってやる!! 『四皇』だからってふんぞり返ってんじゃねェ!!」

「サンジは必ず取り返す 最後に勝つのは……!!」

「おれ達だ!!!」


ビッグマム『!!!』



【客間】

1人頭を抱えるサンジ。


サンジ「………」

(頼むから…)

(みんな無事に引き下がってくれ…)




【ホールケーキ城】


ボゴオォン!!


「!!!」

「侵入者だァ!!!」

「タマゴ男爵!! 虎のミンク族です!!」

「ジャガーだ!!」


タマゴ「ペドロ やはり城へ侵入してたか」



一方ブルックが仕込み杖から刀を取り出す。


「──さてさて海賊四皇ビッグ・マムのお城にて」

「始めますか!!!」

「スペシャルライブ!!!」


■逆襲の独奏(ソロ)!!!





1
 2
 3
4
 5
 6
7
 8
 9
10
 11
 12

名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ルフィ覚醒イベントくるな。じゃなきゃこの窮地突破できないだろ。
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ルフィカッコいいけど、マム編が話進むたびに結末どうなるか想像つかなくなっていくな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
んんん?
ここで巨人族云々持ってくるって事は巨人稼ぎ頭引き抜かれて怒り心頭ダッタ、バギーとハイデルンからんでくるんかね?
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ローラの婚約者って誰だったんだろうな
他の4皇をも潰すだけの力を持つ人物って一体・・・
あと魚人島の財宝に爆弾混じってるんじゃなかったっけ?
それが戦闘合図にでもなるんかなw
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
純粋な力じゃなくてジェルマみたいな“科学力”みたいなものなんだろな・・・
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
城とか本とかの悪魔の実って、どうやって倒すんだ?
相手がミスしない限り、全部想像通りでしょ。やりたい膨大じゃない?
中に入っている時は本人は寝てるとか気絶してるなら、なんとかなりそうだけど。
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
イチジは弟サンジだけでなく
父ジャッジも内心は馬鹿にしてるかも
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ビッグマムが巨人族だったら、ジャッジの「巨人族が見当たらない」は相当ムカついただろうなw
ドリーとブロギーの絡みもあるかもしれん
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ビッグマムが巨人族なら
子供達が全てそれなりに大きいんじゃないの?
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ローラの結婚相手が巨人とかだったんじゃね
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
カイドウと白髭が何割か巨人の血なんだな(適当)
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ローラ全然だめじゃん
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
牢屋に閉じ込められ片乳がはだけて衣服がボロボロのナミさん…ハァハァ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ローラの相手はウィーブルだな
あいつならローラも断るだろう
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
白ひげさえも潰せたって話とぶつからないかねウィーブルだと
ウィーブルは別に白ひげと敵対はしてないだろう
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ウィーブルすごく強そうだけど、1人加わっただけで他の四皇と大差がつくかっていうとな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ウィーブルならだいぶ差が着くんじゃね
黄猿にまで「かつての白髭を見ているようだ」って言われてたしな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
そうかなー
ウィーブルの強さは将星や災害くらいかなーとおもってる
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ウィーブルではないでしょ
その縁談でどこかの種族や団体が傘下になるはずだったのでは
個人の力だけでそんなどうこう出来るとは思えない
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ゼファーの腕切ったのもウィーブルだろ
何万の部隊より強いよ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ローラの相手は将軍じゃないのか
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
辺り構わず求婚してたローラが断る奴ってどんな奴なんだろう
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX 
この漫画フラグ多すぎて大変だわ

俺は密かにマム癇癪時の炎とか雷出てたのが気になっとる
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
マムはちゃんとルフィ達を無事に帰すつもりはあるみたいだな。まあサンジの不安が的中してしまっているが…
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
サンジ気の毒すぎるw
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
1人頭を抱えるサンジ
サンジ「………」
(頼むから…)
(みんな無事に引き下がってくれ…)

ここで笑ってしまう

名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
これ結婚式はめちゃくちゃになり
本にいる生き物たちは全部出てきちゃうんだろうなー
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ルフィが相手を煽るなんて珍しいな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
頭を抱えるサンジワロタww
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
奪還チームがそれぞれ動き出して面白くなって来た
反対にサンジの苦悩は増すばかりで哀れだけどw
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
マムは裏表激しそうだからルフィらが大人しくしててもサンジの思惑通りにはならなかったろう
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
しかし人でも足りないのにどうやってマムから奪還するんだろうか
クラッカーでさえナミの助けでギリギリ勝てたようなもんだし
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ルフィとサンジが真逆すぎてヤバイw
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ブルックの見せ場が来そうだけどたまにはカッコよく描いてほしいなあ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ウィーブルが仲間に入ったからといって他の四皇を倒せるとは思えない
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
マムの回りスタンド能力みたいなやつ多くて面白そう
本の中に閉じ込める能力カッチョいい
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
マムが小物っぽくなってて残念
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
頭かかえるサンジが不憫
もうここは大人しく引き下がってやれよ
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
玉手箱の爆発でマムに大ダメージ
おかげでルフィでも互角に戦えるようにってパターンは…無いか
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
たかが爆発程度で大ダメージ負うような生温い奴が四皇やれてるか?と考えると

まぁかすり傷すら負わせるのは無理だろうね、ブチ切れさせるだけだろう
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ワンピで爆発ほどあてにならんダメージもないからな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
原爆レベルかもしれんやん
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ボムボムの実という恵まれた能力からクソみたいな威力しか出せないハナクソ野郎を許すな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
銃弾はあたれば生身にな結構ダメージ入るんだけどな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
確かにボムボムの実をガープかゼファーが食えば恐ろしく強いのが出来上がってただろうにな。惜しい実をなくした。
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
大ピンチの一味をブルックが救いそう
あれだけ不遇だ不要だ言われてきたブルックだし大活躍して欲しいな
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ブルックもチョッパーももう次回には暴れだしそうだよな
まだ結婚式前日だけどここで一波乱あるんだろうか
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
マムの寿命を抜き取る能力と
玉手箱でとんでもない大惨事が起こりそうだけど
少年マンガで描いてよいラインを超えてしまうんじゃないか?
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
ブルック最強かもな
もう死んでるから寿命関係ないし
スムージーに搾り取られるものすらない骨
このシリーズは案外骨主役だったりして
名前:二次これ投稿日:2016/XX/XX
どんどん拗れてきてるけどどう決着つけるんだろ
7分海とかならぶっ潰して終わりなんだろうけど4皇相手で戦力差も絶望的だし


1
 3
 5
4
 6
 7
8
 9
 10
12
 11
 2
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加